代表者紹介

株式会社サンキ代表取締役

代表取締役
堀川 展弘 (Nobuhiro Horikawa)

[星 座]山羊座
[出身校]慶応義塾大学
[スポーツ歴]ラグビー
[趣 味]読書(特に歴史小説を愛読)
[活 動]兵庫県ラグビースクールコーチ・トロットクラブ
[座右の銘]ネバーギブアップ
※トロットクラブは60歳以上のラガーマンの健康促進のためのクラブです。

転職組

私、元々は弱電設備関係の会社に勤めておりました。
たまたま大阪へ出て参りました際に、知人がおりました株式会社サンキにお邪魔しましたところ、同年輩の人達が、創業間もない会社にて溌剌と行動している様子を見て羨ましく感じました。そして、その後、知人からの誘いもあり、株式会社サンキに転職し、現在に至ります。

クリエイティブ

学生時代にツイッギーが来日しミニスカートが流行。ビートルズが来日した時にはアイビールックが流行ったのを覚えています。私は、そのツイッギーとアイビールックの世代です。あの時代とは繊維業界も大きく変化しました。

とかく、繊維業界は斜陽産業のように見られています。しかし、繊維業界では、才覚により流行りや廃りをコントロールできる部分があります。我々のような零細企業であっても、「クリエイティブ」な発想ひとつで、商品を提供し、またそれを広めていくことが可能です。繊維業界には、まだまだ、「一歩先んじたこと」を実行する楽しみがあると感じています。

難局

私が株式会社サンキに転職した当時は、パンティストッキングが流行し始め、ウエストゴムが飛ぶように売れていました。そんな景気のいい時も経験しました。

その後この業界が生産過剰に陥り、倒産会社のあおりを受け、苦しい時もありました。しかし、何でもそうですが、前向きにやっていると、道が開けるものです。この靴下業界から他のランジェリー、ファンデーション、靴、スポーツ、和装業界など多岐に渡る各業界の得意先様が徐々に増え、難局を乗り切ったこともあります。

ネバーギブアップ

今まで多くの難局はあったでしょうけど、私個人的には、苦労を感じたことはありません。挫折もそう感じたことはありません。それは、学生時代に取り組んだスポーツのおかげかもしれません。

異業種にて分からない商品を取り扱う事に直面しても、「新たな知識を吸収することができる」スキルアップに繋がります。その事を「深く知る」ことにより武器として参入することもできます。業績を上げるためには、諦めなければ結果は出てきます。
まさしく、ネバー・ギブアップです。





株式会社サンキ
お問い合わせ
TEL 06-6838-8820